ドローン

技適マークとは?ドローンを扱う上で知っておくべき電波法

投稿日:

ドローンを使用する際に、知っておかなければいけない法律はとても多いです。

その中でも電波法は初心者に見落とされやすい法律になります。

 

その電波法のなかでも特に注意すべきものに技術基準適合証明のマーク(技適マーク)というものがあります。

今回は電波法とその技適マークについて解説していきます。

 

本記事の内容

・電波法と技適マークについて

・ドローンに技適マークがなかった時

 

電波法と技適マーク

まずは電波について簡単に説明します。

 

電波とは電磁波の一種で「周波数が300万メガヘルツ以下の電磁波」のことをいいます。

電磁波の中には目に見える光や目には見えない赤外線、紫外線なんかも含まれます。

出典:一般社団法人電波産業会 くらしの中の電波

この300万メガヘルツ以下の周波数の電磁波の利用法を定めた法律が電波法になります。

電波はスマホやパソコン、ラジオ等様々な形で利用されています。

 

それら電波を発生させる機器は総務省によって管理されています。

ドローンの周波数帯ごとの指針も総務省ホームページにて出されています。

出典:総務省 電波利用ホームページ

電波を使用する際は周波数と送信出力によっては「無線局の免許」や「無線従事者資格」を取得する必要があります。

「73MHz帯」「920MHz帯」「2.4GHz帯(10mW/MHz)」を使用しているドローンについては免許・資格が不要です。

それ以外の帯域については免許及び資格が必要となってきます。

免許がいらない「920MHz帯」「2.4GHz帯(10mW/MHz)」であっても技術基準適合証明を必ず受けていなければいけません。

 

技術基準適合証明とは、日本の電波法の基準に適合した機器であるということが検査されたことの証で、それを示すマークを技適マークと呼びます。

日本で流通しているほとんどのドローンは日本用に設計されています。

送信機と機体に技適マークがついていれば日本国内においては安心してそのままドローンを使用できます。

 

ドローンに技適マークがなかった時

問題なのがドローンに技適マークがついていない場合です。

例え「920MHz帯」「2.4GHz帯(10mW/MHz)」しか使っていない機器でも、この技適マークの付いていない無線機器を使用した場合、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金を科せられる可能性があります。

 

DJIやParrot等のドローンメーカーは日本国内に正規代理店があり、そこが販売している機体であれば技適マークが必ず付いています。

 

しかし、海外のネットショップや個人輸入で海外から直接購入したドローンには技適マークがついていない可能性が高いです。

もし購入したサイトに「日本国内正規品」などの触れ込みがあったならば返品対応をしてもらってください。Amazonや楽天などの大手サイトであれば必ず対応してくれます。

返品対応してもらえない場合は泣き寝入りするか自分で技術基準適合証明を取得するしかないのです。

 

個人的には泣き寝入りすることをおすすめします。

理由は以下の通り

・証明取得に必要な書類が多い
・海外仕様のドローンは5.8GHz帯を使用している

それぞれ見ていきましょう。

 

証明取得に必要な書類が多い

技術基準適合証明を代行してくれるサービスというのは存在するのですが、そこに提出する書類が個人でやるには難しい内容の書類が多いです。

具体的に言うと無線設備系統図や無線設備操作の仕様書、部品の配置図等です。

これらの書類に慣れていない人は書類を準備するだけでも難しいと思います。

 

海外仕様のドローンは5.8GHz帯を使用している

一概には言えないですが海外仕様ドローンは5.8GHz帯を使用していることが多いです。

5.8GHz帯を使用する場合、無線局の免許と無線従事者資格を取得する必要が出てきます。

無線局の免許の申請は技術適合証明を代行してくれる会社で同時に行ってもらえるのですが、資格に関しては自分で勉強し取得しなければいけないので手間が多いです。

 

この2つの理由から技術基準適合証明の個人での取得はおすすめしません。

 

それでも技術基準適合証明を取得して免許と資格を取りドローンを飛ばしたいという方は以下の会社に技術基準適合証明の取得を依頼することができます。

テレコムエンジニアリングセンター

だいぶ手間ですがしっかりとした手順を踏めば技適マークのないドローンでも法的にも問題なく飛行させることができます。。

 

 

というわけで今回は以上です。
ドローン関連の法律は覚えるべきことが多いですが飛ばす上で必ず必要な知識なのでしっかりと覚えていきましょう。

-ドローン

Copyright© ドローンガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.