ドローン

ドローン測量が無料トライアルできるソフト3選

投稿日:

ドローンで測量を行おうと思ったとき、測量用の画像を取得する飛行ツールと取得した画像を処理するツールは必須となります。

しかし、それらのツールを使おうとすると数十万円から百数十万円の費用が掛かってしまいます。

そこで今回はそれらの中でも無料トライアルを開放しているおすすめのソフトを紹介します。

 

無料で利用できるドローン測量ソフトウェア

では早速、無料で利用できるおすすめのドローン測量ソフトを3つ紹介していきます。

 

DroneDeploy

URL:DroneDeploy

DroneDeployは自動飛行による画像データの収集、オルソや3Dの生成、距離や体積計測を一気通貫で行うことのできるクラウド上のサービスです。

測量分野の利用のほかに農作物の健康状態を測定する機能(NDVI)が付いており農業分野でも用いられることが特徴です。

 

新規アカウントを作成した際に3DやNDVI等を生成できる機能が14日間だけ使用できます。

またアカウント作成から14日過ぎた後でも自動飛行機能とオルソの生成(5map/月)は無料で行うことができます。

アカウント作成は以下のURLから行うことができます。

https://www.dronedeploy.com/signup.html

 

ちなみにですが、DroneDeployはクラウド上のサービスのためパソコンにソフトをインストールする必要がありません。

PC上でDroneDeployを使用する際にはDroneDeploy公式ページに入り右上のログインボタンからログインしてください。

 

アプリについては以下からダウンロードできます。


App Storeからダウンロード

 

 

Pix4Dcapture/Pix4Dmapper

Pix4Dとはドローン向けの写真測量ツールを開発しているスイスの企業です。
Pix4DはDroneDeployとは違い、ドローンの自動飛行アプリと画像処理ツールが分離されています。

Pix4Dで測量をする際の自動飛行アプリと画像処理ツールを紹介します。

 

Pix4Dcapture

URL:Pix4Dcapture

Pix4Dcaptureとはドローンの自動飛行及び画像の収集を行うことのできるアプリです。

このアプリは無料で利用することができ、収集した画像はPix4Dのその他のソフトウェアと連携させて使用します。

画像収集をしたい範囲をタップして指定するだけで飛行経路を自動的に生成してくれます。

 

アプリのダウンロードは以下から可能です。


App Storeからダウンロード

 

 

Pix4Dmapper

URL:Pix4Dmapper

Pix4Dmapperはドローンで収集した画像から点群データ、3D、オルソ等を生成することができます。

こちらはPix4Dcaptureとは違い有料ライセンスが必要になりますが、新規アカウント作成から15日間は無料トライアルを利用できます。

 

 

TERRA MAPPER

URL:TERRA MAPPER

TERRA MAPPERはテラドローンが提供する純日本産のドローン測量ソフトです。
飛行計画から画像の収集、オルソや3Dの生成、解析、データの出力等をこのソフト1つで行うことができます。

また、国産ソフトのためi-constructionに準拠した仕様になっており、実際に使用するとなると前述した2つのソフトに比べ作業が大きく省けるのではないかと思います。

TERRA MAPPERにはデスクトップ版とクラウド版の2種類があり、新規申し込みをすると

デスクトップ版であれば2週間の無料トライアル

クラウド版であれば総計2回の処理を無料で受けれらます。

 

まとめ

というわけで今回は以上です。

個人的な感想として

無料又は低価格でざっくりとした測量をしたい人→DroneDeploy

i-constraction準拠の測量をしたい人→TERRA MAPPER

がおすすめです。

DroneDeployでもGCPを使った精密な測量をやろうと思えばできるのですが、そこまでするならTERRA MAPPERでいいのかなというのが率直な感想です。

では最後までご覧いただきありがとうございました。

-ドローン

Copyright© ドローンガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.